TEL:092-262-8140092-262-8140

MAIL:info@glovebamboo.jpinfo@glovebamboo.jp

福岡財務支局長(金商)第100号

株式の投資情報提供、投資助言を行う投資助言・代理業者

メニュー

連休明けの投資戦略!! 改めて菅新政権に対する政策期待を背景に堅調地合いを期待。

2020/09/18

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

菅新政権に対する政策期待を背景に日本株独自のシナリオは描きやすい。
また、米株市場もある程度の調整すすめており、連休間に切り返す可能性も。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

本日に日経平均は、4連休を控えていることから強いトレンドは見られず、寄り付き直後に高値23398.46円付け、前場半ばに付けた23290.19円が安値となり、日中値幅100円程度での狭いレンジ取引、こう着した展開にあった。
しかし、前日の米株安、ドル/円が円高基調にあったなかでは底堅いとの印象が強く、新政権への期待感などが感じられる日ともなり、連休明けも改めて、菅新政権に対する政策期待を背景に底堅い相場展開が期待されそうにある。
また、これにより当面は日本株独自のシナリオも描きやすくあるほか、4連休間の外部環境についても、米株市場の荒い展開にあることが気がかりではあるが、足元のここまで、ある程度の調整を進めいると見れ、東京市場が休場の間に切り返すとの期待もある。

連休明けの東京市場は強い展開になると期待したい。日経平均は移動平均線チャートにおいて、25日線(23205円)、75日線(22769円)が右肩上がり中長期的なトレンドは上昇と示唆しているなか、目先的にも5日線(23443円)回復から上方向へ、ここまでのもみあいレンジの上限23500円どころ上抜けて24000円意識した展開へ。
来週の日経平均の予想レンジは23200円-23800円。

新興市場についても本日、米ハイテク株が軟調だった割に下値は底堅く、ジャスダック、マザーズともに小幅ながら反発で引けた。
マザーズは、5日移動平均線(1164.94pt)を割り込むことなく、同線サポートに上昇トレンドに乗っており、新興株への期待が根強いことがうかがえる(本日のマザーズ終値は5.98pt高の1183.98pt)。
続き、菅内閣の目玉はデジタル化の推進から「DX関連(デジタルトランスフォーメーション)」など。また、「ウィズコロナ継続」といったテーマなどに物色の手掛かりを見出しながら、全体としても堅調地合いが続きそうだ。

※GloveBambooでは本日(18日)、「DX関連」このテーマに絡むとしてNEW推奨銘柄を配信致しました。
「DX関連」の低位株として注目度、期待値の高い銘柄(株価は500円以下)。
想定取り込み期間は1ヵ月前後、また3ヵ月目安に最大1.5倍の上昇見込み。

※その他にも今週は、NEW推奨銘柄を配信しておりますので、併せてご期待下さい。
1.今週(16日)に配信、「半導体関連」の巻き返しに期待。
日経平均が上振れる局面では、やはり「半導体関連」がけん引役となるでしょう。
日米とも半導体関連株は調整にあったものの、値ごろ感などが意識される局面にあります。
想定取り込み期間3ヵ月メドに30%前後の上昇見込み。

2.テーマ「2020年IPO銘柄」の出遅れとして推奨(今週15日に配信)。
他の2020年IPO銘柄と比較して出遅れ感が強く、ここまで不振組と見られている。
しかし、成長期待のあるテーマ性。業績ついてもここまでの株価低迷ほどには悪くない見かた。
本日(18日)も株価はしっかりの展開でプラス圏で大引け、騰勢を強めております。
チャート形状的にも上昇トレンドに乗るなか、目先に急騰する場面が見られそうだ。
想定取り込み期間1ヵ月メドにしており、最大1.5倍の上昇見込み。

※また、連休明けも続き、積極的に銘柄推奨を実施していく予定ですのでご期待下さい。

※期間契約コースにおいては、推奨・取り込み中にある期待株の情報をすべて公開致します。

※単発プラン(コース)においては、その時の最新の推奨銘柄の情報を公開致します。

**-----------------------------**

会社名:Glove Bamboo株式会社
金融庁登録番号:福岡財務支局長(金商)第100号
加入協会:一般社団法人日本投資顧問業協会 会員番号102-00121
URL:http://glovebamboo.jp/

**-----------------------------**

当社の提供情報、助言はお客様の利益を保証するものではありません。

投資にあたっての最終判断はご自身のご判断でお願い致します。

当サイトの情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切の責任を負えませんのでご注意願います。

助言する株式のリスクについては、次のとおりです。

・株価変動リスク:株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。

また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります

・株式発行者のリスク:市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、売買に支障をきたし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。

・信用取引リスク:信用取引や有価証券関連デリバディブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。

**-----------------------------**


GloveBambo(有料サービス)にて推奨の銘柄を一部公開 (毎週日曜日配信)

メルマガ登録へ

Copyrights © 2018 GloveBamboo. All Rights Reserved.

福岡財務支局長(金商)第100号

一般社団法人日本投資顧問業協会 会員番号102-00121

トップへ戻る